車でお出かけ 長距離ドライブの必需品一覧

混雑時の道路

ドライブってなんだかワクワクしますよね。色んな荷物を詰め込んで、楽しい休日のはじまりはじまり・・そこで、ドライブにかかせないものをご紹介します。

ガム

長距離運転をしていると、突如眠気に襲われますよね。ドライバーさん用にミントなどのスッキリ系のガムを持っていきましょう。また、途中で甘いものが食べたくなったり喉が渇いた時の為に、フルーツ系の飴なども持っていくと良いと思います。

ウェットテッシュ

もちろんテッシュも必需品なのですが、忘れがちなウェットテッシュも必ず持っていきましょう。車でのお出かけの場合、車内で飲食することが多いです。手がべとべとになってしまうと普通のテッシュじゃ取れないですよね。何かと役に立ちますので、テッシュとセットで持っていきましょう。

CDなどの音楽

気分を上げるために重要ですよね。一緒に行く人に合わせて音楽をチョイスして持っていきましょう。iPodで持っていく場合は充電が切れないように注意です。

クーラーボックス

意外とこれ、役に立ちます。行きは冷えた飲料などを入れて行ってもいいですね。帰りは生もの系のお土産を買った際、入れて帰りましょう。常温で持ち帰るより持ちがいいはずですよ。その際、保冷剤も持って行った方がいいです。行く途中に溶けてしまいますが、宿泊先の冷凍庫で再度凍らせてから帰りに使用しましょう。クーラーボックスが無い場合は大きめの発泡スチロールの箱でも代用できますよ。我が家では長距離ドライブ時だけでなく常に積んでいます。お買い物の時にも大活躍です。

正露丸などの腹痛の薬

長距離ドライブには渋滞もつきものです。特に、夏休みやゴールデンウィークなどに高速道路などを利用する場合、想像以上に混むことがあります。その場合一番困るのが「トイレ」ですよね。特に急な腹痛に襲われた場合は最悪の状況に陥ります。そんな事態を避けるために、腹痛の薬は絶対に持っていきましょうね。

ビニール袋

ゴミ袋に使えます。長時間車の中でいると、意外とゴミが出ることに気づきます。雨やガムなど、飲食をした際にはだいたいゴミが発生しますよね。プラスチックのゴミと紙のゴミの仕分けが出来るように最低でも2つのビニール袋があると便利ですよね。また、旅行の際、ビニール袋があると汚れ物を入れたり何かと使えますので、大量に持って行った方がいいと思います。100均などで沢山入ったものが売っていますので、こちらの購入をおすすめします。家であるものをいくつも持っていくより、かさばらなくて便利ですよ。

さいごに

いかがでしたか。準備万端で楽しい長距離ドライブに出かけましょうね。

Read More

ディズニーランドに持って行った方がいいもの一覧

ミッキーミニー

夢の国ディズニーランドへ持っていくと便利なものを紹介します。

夏でもパーカーや腕が隠れる羽織り物は必須

「ディズニー焼け」という言葉があるように、晴れていれば必ずと言っていいほど焼けます。それも、海に行ったかのように。炎天下の中でアトラクションを待つのですから当然です。途中から室内に入れるアトラクションも多いですが、ビックサンダーマウンテンやプーさんのハニーハントなども、途中までは外で待たなければなりません。休日ですと2時間以上待つことがほとんどですので、かなりの時間を外で待たなければなりません。日焼け止めを塗っていても焼けますので、必ず長袖を着て日焼け対策をしましょうね。

帽子・日焼け止め

上記と同じような理由です。帽子に関しては熱中症予防の意味もあります。最近は日傘が流行っていますが、混雑時は邪魔になるのでやめましょうね。真夏の晴天の場合は何度も日焼け止めを塗りなおすことをおすすめします。

水分(ペットボトルや水筒など)

夢の国とはいえ、真夏のディズニーはとても暑いです。水分は必須です。しかし、パーク内で買うとペットボトルが200円程度なので、とても高いです。しかも種類も少ないです。何本かペットボトルを持っていくことをおすすめします。氷をたっぷり入れた水筒を1本持って行って、ペットボトルを何本か持っていき、飲むときに詰め替えればいつでも冷たい飲料が飲めて良いですよ。少し荷物は重たくなりますが、おすすめです。

レジャーシート

パレードを見る方は必須です。何分か前から場所取りが出来ますので、パレード好きな方はレジャーシートを持って良い場所を確保しましょう。また、パレードを見ない場合でも荷物を置いたり、ご飯を外で食べる時に座ったりと何かと使えるので1枚持っていくことをおすすめします。

ウェットテッシュ

これは絶対持っていきましょう。ディズニーランドといったらポップコーンやチキンなど食べ歩きアイテムが豊富にあるのも魅力のひとつですよね。結構手が汚れますので、無いと困りますよ。

時計

ディズニーランドでなるべく多くのアトラクションに乗るためには、時間が勝負です。開園と同時にファストパスを取りに走り、次の人気アトラクションへまた走る・・・アトラクションで待ち時間を確認し、ファストパスの時間に間に合いそうなら並ぶ・・・アトラクションに乗り終わったら時間を確認し、ファストパスを取ったアトラクションへまた戻り・・気づけはもう1つファストパスを取れる時間だったので、他のファストパスを取り、それから再度アトラクションへ・・など時間との戦いなのです。ケータイでいちいち確認もじれったいので、腕時計を推奨します。

さいごに

いかがでしたか。夢の国に行く際は万全の用意をして、存分に楽しんでくださいね。

 

 

Read More

伊勢湾岸自動車道のおすすめパーキングエリア「長島湾岸PA」

遊園地

今回は、ナガシマスパーランドに隣接する「長島SA」の魅力をお伝えします。

足湯がある

パーキングエリアの中でも足湯があるところは珍しいです。嬉しいことに利用料は無料。タオルが必要な場合は100円かかってしまうので、忘れずに持っていきましょう。私は3回程行きましたが大変賑わっていました。人気スポットなので、土日祝日などに行く場合は覚悟して行きましょうね。運転はとても疲れます。ドライバーさんは、足湯につかって疲れを癒してくださいね。意外とスペースは広いです。上下線ともあるので、是非立ち寄ってみてください。

ナガシマスパーランドに行く前に立ち寄れる

長島湾岸パーキングエリアからは直接ナガシマスパーランドの最寄ICに出ることが出来ます。PAからもナガシマスパーランドが見えますよ。ホワイトサイクロンという木製のコースターはとても迫力があります。私も是非乗ってみたいです。ちなみに、パーキングエリアでもナガシマスパーランドのチケットが販売されています。こちらで買ってから行くとチケット売り場で並ばなくていいので良いですよ。夏はプールも開業するので、大賑わいですよ。プールはスリル満点のスライダーや子供専用プールなど年齢層幅広く楽しめる内容になっています。

本格的なご当地グルメ

愛知県名古屋市名物のミソカツや三重県四日市市のとんてきなどパーキングエリア内では本格的なご当地グルメがレストランで味わえます。レストランの他にもフードコートがあるので、ささっと食事を済ませたい方はフードコートがおすすめです。フードコートでもご当地グルメが味わえます。子供連れで旅行の方などは、フードコートの方が気が楽かもしれませんね。

花火

運が良いと夏は花火が鑑賞できたりします。時間は大体20時~です。気になる方は「長島温泉花火」で検索して予定をチェックしてみましょう。花火の時期は大変混みあいますので、覚悟した方が良さそうですよ。ちなみに、心地よく鑑賞されたい方はレジャーシートなどを持っていくことをおすすめします。この時期は花火目当てでサービスエリアに来るお客さんもとても多いです。

さいごに

サービスエリアはその土地それぞれの特徴があり、気にして見てみるととても興味深いです。高速道路のサービスエリアとは思えないようなサービスや施設があったりするところも増えています。テレビなどで取り上げられるサービスエリアも増える中、サービスエリア同士の競争も激化しているように思います。皆さんも自分お気に入りのサービスエリアを探してみてくださいね。

Read More

赤ちゃん連れ旅行編 旅行に持って行って便利だった物一覧

お菓子

赤ちゃん連れの旅行って、何かと荷物が増えますよね。

そんな時、持っていくと便利なものを紹介します。

水99%おしりふき

おしりふき兼ウェットテッシュになるのでとても便利です。別売りで設置するプラスチックの蓋を付けることをおすすめします。この蓋は300円くらいです。蓋を付けないとすぐ開いてしまうので乾いてしまいます。水99%のおしりふきは、幾つかのメーカーから発売されています。私が愛用しているのは「アカチャンホンポオリジナル」のものです。ベビーカーを購入する際、段ボール一箱分おまけで付いてきたので、以来ずっと使っています。手拭きにも使えるのでとても便利ですよ。

熱さまし

子供は熱を出しやすいです。私の娘も酷い時は週1で熱を出していました。旅行先の急な環境の変化で熱を出す赤ちゃんも少なくありません。万が一に備え、母子手帳と保険証を持っていくのは当たり前ですが、すぐに病院にかかれない場合の応急処置として熱さましは持って行った方が良いでしょう。出来れば、病院で処方された熱さましを持っていくのが望ましいです。

おかし

赤ちゃんってところ構わず愚図りだします。おかしで釣るのもどうかと思いますが、車内などで愚図って手の付けようがない場合は食べ物で釣るのが一番効果がありました。しかも、すぐ食べ終わってしまうものでは意味がありません。ボーロなど、ちまちまつまめる物の方が時間を稼いでくれますよ。私はよく小魚のお菓子を持っていきました。健康にも良さそうですし、噛まなくてはいけないので時間が稼げます。

大きめのスタイ(食事用のエプロン)

赤ちゃんの食べこぼしは凄まじいです。口の周りだけでなく、スプーンを振り回すので髪の毛にもつきますし、洋服なんて上下ご飯粒だらけです。ミートソースなんて食べた日には悲惨な状態になります。旅行先で悲惨な状態になった場合は大変です。着替えさせなくてはなりませんし、荷物も増えます。私が持っていったのはコストコで買った使い捨ての食事用エプロンです。食べこぼしが入るポケットも付いているので、便利ですよ。ポケットが食べこぼしをキャッチしてくれるので、着替えさせなくてはならないほどの状況になることも少ないです。しかも使ったエプロンはそのまま捨てることが出来ます。無駄に思えますが、旅行先ではこの方が勝手が良いです。

さいごに

いかがでしたか。赤ちゃん連れの旅行は大変なことも多いですが、宿泊料金や飛行機代が無料だったり色々とメリットも大きいのです。楽しい家族旅行で良い思い出を作ってくださいね。

Read More