ハワイ(ワイキキ)でおすすめの飲食店

ハワイの画像

今回はハワイのワイキキでおすすめの飲食店をご紹介させていただきます。

マイ・タイ・バー

高級ホテルのロイヤルハワイアン内の施設です。安くはありませんが、ワイキキのビーチに沈む夕日を見ながら美味しいお酒をたしなむことが出来ます。私が行ったときは日本人も多い印象でした。すぐ横はワイキキのビーチの砂浜になっているので、飲んだ後は砂浜でまったりすることも出来ます。カクテルなどは種類豊富で、きっとお気に入りのものが見つかるでしょう。ただ、雰囲気にのまれて飲み過ぎないよう注意が必要かもしれません。夕日がとても綺麗なので夕方から夜にかけての時間帯はおすすめです。ただ、私は夜に行きましたが、十分良い雰囲気でハワイの夜を満喫出来たので、夕飯を食べ終わってかたフラリと行くのもおすすめですよ。おすすめのドリンクは「ピニャコラータ」です。

アロハテーブル

日本でも出店されているお店なので、ご存じの方も多いかもしれません。ここのおすすめは「ロコモコ」です。私達もロコモコが有名とのことで、こちらに足を運びましたがロコモコの他にも美味しそうなメニューがとても豊富でチョイスに迷ってしまいました。ロコモコも美味しかったですが、メニューがとても多かったので他にも色々とサイドメニューを頼むことが出来ました。おすすめ「アヒ・ポキ」というマグロの醤油和えです。さっぱりとした味で日本人好みかと思います。また、カクテルの種類も多かったです。私はハワイの旅で「ピニャコラータ」というお酒にはまってしまったので、ここでもピニャコラータを頼んだ記憶があります。ちなみにピニャコラータとはラムとパイナップルジュース、ココナッツを混ぜたお酒です。トロピカルな味がするので、ハワイにぴったりですよ。

パンダエクスプレス

ハワイだけでなくアメリカの本土にもある中華料理のチェーンらしいです。ハワイではよく、フードコートで見かけました。沢山のお惣菜(中華中心)の中からいくつかチョイスしてプレートにのせて注文します。結構ボリュームがあるので、お子様連れなどにもピッタリかと思います。もちろんテイクアウトも可能なので、宿泊先に戻ってゆっくり食べたい方や、海辺でのんびり食べたい方などにもおすすめですよ。お惣菜の種類もとても豊富で、自分好みのお惣菜を見つけることが出来るかと思います。でも、味付けはとても濃いです。美味しいですが、毎日食べてると大人は胃がもたれしまう可能性があるので注意が必要です。

他にも

他にも、日本でも有名なエッグスシングスやホテル内のレストランなど、ハワイには美味しいお店が盛りだくさんです。自分好みのお店が見つかるといいですよね。

Read More

ハワイでおすすめのハンバーガー店

パスポート

ハワイといったら様々なグルメがあることでも有名ですよね。今回はハンバーガーにスポットを当てて紹介していこうと思います。

マハロハ・バーガー(ロイヤルハワイアンセンター内)

ホノルルの中心ロイヤルハワイアンセンター内のフードコートにあるハンバーガー屋さんです。ハワイのハンバーガー屋さんは混みあうところが多いですが、フードコートは人が分散するので、比較的いつも空いていた印象です。空いていましたが、おすすめのハンバーガー屋さんのひとつです。おすすめは「ロコモコバーガー」。日本ではあまり無いですよね。メニューも豊富で比較的値段も安かったです。余談になりますが、このフードコート内にある「パンダエクスプレス」というお店もおすすめです。プレートに色々好きな食べ物をチョイス出来るので、選ぶのも楽しいですよ。

クア・アイナ(ノースショア)

日本でも有名なハンバーガー屋さん「クア・アイナ」。ハワイには2店舗あって「ホノルル店」と「ハレイワ店」です。私がおすすめするのは「ハレイワ店」車でホノルルから1時間程かかりますが、ホノルル店よりもローカルな感じが味わえますよ。テーブルは店内と屋外があります。屋外の方が雰囲気が良いのでおすすめなのですが、鳥が沢山います。私は鳥が飛び立った時、ハンバーガーの上に糞が直撃しました。その時はショックでしたが今ではいい思い出です。ハレイワ店に行った際は気を付けてくださいね。ちなみにバーガーの他にもカリカリのフライドポテトもおすすめです。全体的に量が多いので、お腹をすかせてから行きましょう。おすすめはアボガドバーガーです。

チーズバーガー・イン・パラダイス

カラカウア通りにあります。道路を挟んで海沿いのお店です。私は夕食時に行きましたが、とても混んでいました。テイクアウトも出来るので、並ぶのが苦手な方はテイクアウトして海辺で食べるのもおすすめです。海までは道路を渡ってすぐです。ちなみに、私が行ったときは記念撮影をしてくれ、専用のフレームに入れてくれました(もちろん有料ですが・・)なかなか良い記念になったのでおすすめですよ。店員さんもアメリカンな感じでフレンドリー。ただ、おつりを全部チップとして持っていかれたのは日本人の私にはびっくりでした。外国は仕方ないのですかね・・。バーガーポテトが入ったプレートはボリューム満点。お腹一杯になりますよ。店内も開放的な感じなので、ハワイアンな気分を味わいたい方にはおすすめです。

さいごに

他にも色々なハンバーガー屋さんがあると思います。ハワイに来たからには色々なお店でアメリカンな体験をしてくださいね。

Read More

モルディブの楽しみ方

砂浜と海

モルディブは1島1リゾートなので、島の中だけでも十分に楽しめますが、リゾート内で色々なツアーを組んでくれるところもあります。今回は、私なりのモルディブの楽しみ方を紹介していきますね。

ナイトフィッシング

その名の通り、夜中の釣りツアーです。私がこの「ナイトフィッシング」を推す理由は釣りが目的ではありません。実際私はツアーに参加した際に、1匹も釣れませんでした(私がへたなだけで、他の人はたくさん釣っていました)。このツアーを推す理由は「満点の星空」と「夜中の海の静寂」です。これこそ、日本では味わえない「非日常感」です。特に満点の星空には、とても感動したのを覚えています。一生分の流れ星を見た感覚に陥りました。空を見れば常に流れ星。天の川はそこらじゅうにありました。なので、このツアーに参加するのは天気が良い日をおすすめします。

アイランドホッピング

1島いリゾートが主流のモルディブですが、色々な島を回ってくれるツアーもあります。モルディブはリゾートになっている島の他に、現地の人が住んでいる島もあります。私が行ったツアーは現地の人が住んでいる島を回ってくれました。本当にのんびりとしたところで、最低限の設備しかないようなところでしたが、人は皆温かかったです。リゾートに居ると、現地の人の生活にふれることが少ないので、モルディブに行ったからには現地の方の生活スタイルものぞいてみましょう。また、このツアーをおすすめする理由はもうひとつあります。私はこのツアーに参加した際にイルカの群に遭遇しました。簡易的な船だったからこそ、すぐ隣をイルカが泳いでくれました。イルカに手が届きそうだったのを覚えています。絶対に遭遇出来るとは限りませんが、参加してみる価値はあると思いますよ。

シュノーケリング

モルディブの海遊びの定番、シュノーケリングです。大人も子供も楽しめます。現地で借りられるところもあると思いますが、私はシュノーケリングとフィンは購入していきました。毎日使うことになると思うので、購入しても損はないと思います。シュノーケリングに関しては浅めのところで練習したあと、深いところに行くことをおすすめします。深いところには、遠浅のビーチには居ない魚がいっぱいいます。私はマンタに遭遇することも出来ました。危ないので、ひとりでは絶対行かず、数名で挑戦してみてくださいね。

他にも

他にもダイビングやスパなど、色々な楽しみ方があります。自分なりの楽しみ方を見つけられるといいですね。

Read More

モルディブ旅行 リゾート(ホテル)選びについて

綺麗なうみ

インド洋に浮かぶ楽園「モルディブ共和国」透き通った海に、青い空。島まるまる1つがリゾートになっていて、まさに「楽園」という言葉にふさわしいです。今回は「リゾート選び」に的を絞ってコツを紹介していきますね。

リゾート選びは楽しみのひとつ

モルディブはおよそ1200もの島え成り立っています。とても多い数ですよね。人が住んでいない島も多くありますが、その中のおよそ100くらいの島がリゾートとなっています。1島1リゾートがモルディブ最大の魅力です。ひとつひとつのホテルい特色があり、楽しみ方も変わってくるでしょう。お部屋のタイプもコテージやヴィラなど多種多様です。傾向的には、ハネムーナーにはコテージ、ファミリーにはヴィラがチョイスされることが多いですね。コテージの方が金額的には高めのことが多いようです。

日本語が話せるスタッフが居るところも多い

モルディブは日本でも人気のリゾート地です。ホテルによっては日本人が在住していたり、話せるスタッフがいるところも意外と多いです。英語に自信のない方は事前に確認をとっておくことをおすすめします。

ホテル選びの際は島の特色をよくチェックしよう

1島1リゾートが主流のモルディブ。滞在中はホテル周辺(島内)で過ごすことが多いです。島のビーチで遊ぶことも多いと思います。島によってはサンゴ礁が特に綺麗だったり、海が遠浅になっていたり、マンタが見れるポイントが近かったり・・・それぞれの島に様々な特色があるのでよく吟味してください。ちなみにファミリーの方には遠浅のビーチがおすすめですよ。小さい子供でも海を十分に楽しむことが出来ます。

モルディブだけでなく、他の国も寄ってみよう

モルディブに行く際は様々な行き方があります。直行便もありますが便数は少ないので、他の国で乗り換えるパターンがほとんどでしょう。もちろん直行便に比べて、時間がかかってしまいます。そこで思い切って、その国にも宿泊してみてはいかがですか。シンガポールやスリランカ、マレーシアやドバイなど色々な国を経由してモルディブに行くことが出来ます。シンガポールなどは小さい国なので1泊すれば色々とまわることが出来ますよ。

さいごに

いかがでしたか。モルディブは私も絶対もう一度行きたい国のひとつです。モルディブで感じる「非日常感」は日本で味わうことは不可能でしょう。リゾートの数が沢山ありすぎて迷ってしまいますが、インターネットや旅行本を駆使して自分たちにぴったりのリゾートを見つけてくださいね。

Read More